第 4章設定

目次
設定ファイル
設定を変更するには
設定ディレクティブ

設定ファイル

設定ファイル (PHP 3.0 では php3.ini、 PHP 4.0 では php.ini) は、PHP の起動時に読み込まれます。 PHP のサーバーモジュール版では、このファイルは、Web サーバーの起動 時に一度だけ読み込まれます。CGICLI版では、起動する度にこのファイルが読み込まれます。

php.ini のデフォルトの場所は、コンパイル時のオプションです。 (FAQエントリを参照下さい。) しかし、CGI および CLI 版の場合、コマンドラインスイッチ -cによりこれを変更することができます。 コマンドラインからの PHP の使用に関する章を参照下さい。 php.iniを探すパスを追加するために環境変数 PHPRC を使用することもできます。

注意: Apache web サーバー は、スタート時に作業ディレクトリをルートディレクトリ に変更するので、PHPは、ルートディレクトリに php.ini が存在する場合、それを読もうとします。

下記では、必ずしもすべての PHP ディレクティブが説明されているわけでは ありません。すべてのディレクティブについての説明は、php.ini ファイル のコメントを参照してください。CVS にある最新の php.ini は、 ここ で見ることができます。

注意: PHPディレクティブ register_globals のデフォルト値は、PHP 4.2.0 以降では on から off に変更されました。

例 4-1. php.ini の例

; 引用符をつけないセミコロン(;)の後のテキストは全て無視されます。
[php] ; セクションマーカ (角括弧の中のテキスト) は無視されます
; 論理値は次のどれかとなります:
;    true, on, yes
; または false, off, no, none
register_globals = off
magic_quotes_gpc = yes

; 文字列を二重引用符で括ることも可能です
include_path = ".:/usr/local/lib/php"

; バックスラッシュは他の文字と同様に処理されます
include_path = ".;c:\php\lib"