error_reporting

(PHP 3, PHP 4 , PHP 5)

error_reporting -- 出力するPHPエラーの種類を設定する

説明

int error_reporting ( int [level])

PHP のエラー出力レベルを設定し、元のレベルを返します。 エラー出力レベルは以下の値のビットマスクです(リンクをたどって もらうと、それらの意味を知るための内部値がわかります)。 エラー報告レベル(error_reporting)はビットマスクまたは定数名のどち らかです。将来のバージョンとの互換性を保証するために定数名を使用 することが強く推奨されます。エラーレベルが追加された場合、整数の 範囲は増加するため、以前の整数を使用するエラーレベルは常に期待通 りに動作するとは限りません。

例 1. エラー整数の変更

error_reporting(55);   // PHP 3 では E_ALL ^ E_NOTICE と等価

/* 一方、PHP 4 では、'55' は(E_ERROR | E_WARNING | E_PARSE |
E_CORE_ERROR | E_CORE_WARNING) を意味します */

error_reporting(2039); // PHP 4 では E_ALL ^ E_NOTICE と等価

error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE); // PHP 3 と 4 の両方で共通
これらの意味を得るために内部の値を以下に示します。

表 1. error_reporting() ビット値

内部名
1 E_ERROR
2 E_WARNING
4 E_PARSE
8 E_NOTICE
16 E_CORE_ERROR
32 E_CORE_WARNING
64 E_COMPILE_ERROR
128 E_COMPILE_WARNING
256 E_USER_ERROR
512 E_USER_WARNING
1024 E_USER_NOTICE

例 2. error_reporting() の例

error_reporting (0);
// 全てのレポートをオフにする

error_reporting (7); // 古い構文、 PHP 2/3
error_reporting (E_ERROR | E_WARNING | E_PARSE); // PHP 3/4の新しい構文
/* 簡単な実行エラーに適する  */

error_reporting (15); // 古い構文、 PHP 2/3
error_reporting (E_ERROR | E_WARNING | E_PARSE | E_NOTICE); // PHP 3/4の新しい構文
/* 初期化されたいない(または恐らくスペルミスの)変数を通知するコードを
   作成するのに適する */

error_reporting (63); // 古い構文、 PHP 2/3
error_reporting (E_ALL); // PHP 3/4の新しい構文
/* 全てのPHPエラーをリポート */