ibase_connect

(PHP 3>= 3.0.6, PHP 4 , PHP 5)

ibase_connect --  InterBaseデータベースへの接続をオープンする

説明

int ibase_connect ( string database, string [username], string [password], string [charset], int [buffers], int [dialect], string [role])

InterBaseサーバーへの接続を確立します。引数 databaseは接続するサーバー上のデータベース ファイルへの正しいパスである必要があります。ローカルなサーバーへ の接続でない場合、使用する接続プロトコルに応じてこの引数の前に' hostname:' (TCP/IP)、'//hostname/' (NetBEUI)、'hostname@' (IPX/SPX)のどれかをつける必要があります。 usernameおよび passwordはPHP設定ディレクティブ ibase.default_userおよびibase.default_passwordで指定することも可 能です。charsetはデータベースに関するデフォ ルトの文字セットです。 buffersはサーバー側 のキャッシュに確保されるデータベースバッファの数です。0または省略 された場合、サーバーはデフォルト値を用います。 dialectは、接続時に実行される全ての命令に 関するSQL方言のデフォルト値を選択し、デフォルトではクライアントラ イブラリでサポートされる方言のうち、最高位のものになります。

同じ引数でibase_connect()が再度コールされた場合、 新規のリンクは作成されず、代わりに既にオープンされているリンクの リンクIDが返されます。 ibase_close()を明示的にコールしない限り、 サーバーへのリンクはスクリプトの実行終了時に閉じられます。

例 1. ibase_connect()の例

<?php
    $dbh
= ibase_connect($host, $username, $password);
    
$stmt = 'SELECT * FROM tblname';
    
$sth = ibase_query($dbh, $stmt);
    while (
$row = ibase_fetch_object($sth)) {
        echo
$row->email, "\n";
    }
    
ibase_free_result($sth);
    
ibase_close($dbh);
?>

注意: buffersは、PHP 4.0RC2で追加されました。

注意: dialectはPHP 4.0RC2で追加されました。 このオプションは、InterBase 6以降でのみ使用可能です。

注意: roleはPHP 4.0RC2で追加されました。 この機能は、InterBase 5以降でのみ使用可能です。

ibase_pconnect()も参照下さい。