move_uploaded_file

(PHP 4 >= 4.0.3, PHP 5)

move_uploaded_file -- 新しい位置にアップロードされたファイルを移動する

説明

bool move_uploaded_file ( string filename, string destination)

この関数は、filenameで指定されたファイルが (PHPのHTTP POSTアップロード機構によりアップロードされたという意味 で)有効なアップロードファイルであるかどうかを確認します。そのファ イルが有効な場合、destinationで指定したファ イル名に移動されます。

filename が有効なアップロードファイルでな い場合、処理は行われず、move_uploaded_file()FALSEを返します。

filename が有効なアップロードファイルであ るが、何らかの理由により、移動できない場合、処理は行われず、 move_uploaded_file()FALSEを返します。加えて、警告が出力されます。

この種の確認は、アップロードされたファイルに関して何でもできる場 合には、その内容をユーザ、または同じシステム上の他のユーザにさえ 暴かれる可能性があるため、特に重要です。

注意: セーフモード が有効の場合、PHP は操作を行うファイル/ディレクトリが実行するスクリプトと 同じUID(所有者)を有しているかどうかを確認します。

注意: move_uploaded_file()は通常のセーフモード UID制限の影響を受けません。 move_uploaded_file()はPHPを通じてアップロードされたファイルのみを 処理しますのでこれは危険なことではありません。

警告

コピー先のファイルが既に存在する場合、上書きされます。

簡単な使用例については、 is_uploaded_file()およびアップロードファイルの処理 の節を参照下さい。