print_r

(PHP 4 , PHP 5)

print_r --  指定した変数に関する情報を解りやすく出力する

説明

void print_r ( mixed expression)

print_r()は、解り易い形式で変数の値に関する情 報を表示します。string, integer, floatを指定した場合はその値が出力されます。 arrayを指定した場合、キーと要素を表す形式で値が表示 されます。objectに関しても同様の表示形式となります。

print_r()は、配列ポインタを終端まで移動するこ とに注意して下さい。ポインタを最初に戻すために reset()を使用して下さい。

print_r()var_dump()と比較してみて下さい。

ティップ: ブラウザに直接結果を出力する 全てのものと同様に、出力制御関数 を使用してこの関数の出力をキャプチャーし、(例えば)文字列 (string)に保存することが可能です。

<pre>
<?php
    $a
= array ('a' => 'apple', 'b' => 'banana', 'c' => array ('x','y','z'));
    
print_r ($a);
?>
</pre>

出力は次のようになります:
<pre>
Array
(
    [a] => apple
    [b] => banana
    [c] => Array
        (
            [0] => x
            [1] => y
            [2] => z
        )
)
</pre>

注意: PHP 4.0.4より前のバージョンでは、自分自身への直接または間接の参 照を含むarrayまたはobjectが指定された 場合には、無限にprint_r()が実行されてしまいま した。print_r($GLOBALS)が例で、 $GLOBALSはそれ自体自分自身への参照を有するグ ローバル変数です。

ob_start(), var_dump(), var_export()も参照下さい。