require()

require()文は指定されたファイルを読み込み、評価します。 ファイルが読み込まれ評価される際の詳細な情報に関しては include()に記述されています。

require()include()は エラーの扱い方を除けば全く同様に振舞います。エラーが発生すると include()Warning を出力しますがrequire()を使用している場合は Fatal Errorとなります。 言い換えると、指定されたファイルが無い場合に処理を停止したい場合は require()を使用した方が良い、ということになります。 include()を使用すると、読み込むべきファイルが存在しない 場合も処理が続行されます。include_path を適切に設定することも忘れないで下さい。

例 11-2. 基本的なrequire()の例

<?php

require 'prepend.php';

require
$somefile;

require (
'somefile.txt');

?>

include()のドキュメントにはさらに多くの例がありますので 参照してください。

注意: PHP 4.0.2以前での挙動は以下の様になっています: require()は その行が実行される/されないにかかわらず常に指定されたファイルを読み込もうと します。従って条件文はrequire()には影響を与えません。 しかしながら、require()がある行が実行されない場合、 読み込まれるファイル内のコードは実行されません。同様に、ループ構造は require()の動作には影響しません。読み込まれるファイル内の コードがループに依存している場合でも require()は 読み込みを一回しか行いません。

注意: これは、関数ではなく 言語構造のため、 可変関数を用いて コールすることはできません。

警告

PHP 4.3.0より前のバージョンのWindows版PHPは、現在この関数に関してリモートファイルアクセス機能をサポートしていません。これは、allow_url_fopenを有効にした場合でも同様です。

include(), require_once(), include_once(), eval(), file(), readfile(), virtual(), include_path も参照してください。