trigger_error

(PHP 4 >= 4.0.1, PHP 5)

trigger_error --  ユーザレベルのエラー/警告/通知メッセージを生成する

説明

void trigger_error ( string error_msg, int [error_type])

ユーザエラーを発生するために使用され、組込のエラーハンドラまたは 新しいエラーハンドラ(set_error_handler())とし て設定済のユーザ定義関数と組み合わせて使用されます。エラー型には E_USER 関連の定数のみが使用可能で、デフォルトは E_USER_NOTICEとなっています。

この関数は、実行時の例外に特定の応答を生成する必要がある場合に有 用です。以下に例を示します。

if (assert ($divisor == 0))
   trigger_error ("Cannot divide by zero", E_USER_ERROR);

注意: より、詳細な例については、 set_error_handler() を参照下さい。

error_reporting(), set_error_handler(), restore_error_handler(), user_error()も参照下さい。