その他の設定オプションのリスト

以下にUNIXライクな環境においてコンパイルされる場合のPHPの configureスクリプトでサポートされるオプションの リストの一部を示します。ほとんどのconfigureオプションはそれぞれ適切な 場所にリストがあり、ここにはありません。configureオプションの 最新の完全なリストが必要な場合は、PHPのソースディレクトリで autoconfを実行した後に ./configure --helpを実行してください。(詳細は インストールの章を参照) また、configureの例えば --prefix=PREFIXのようなオプションについては GNU configureを ご覧ください。

注意: これらのオプションは、コンパイル時にのみ使用可能です。PHPの 実行設定を変更したい場合には、 設定を参照下さい。

PHP 4の設定オプション

注意: これらのオプションは、PHP 4.1.0の時点でPHP 4でのみ使用可能です。い くつかのオプションはPHP 4の以前のバージョンやPHP 3でも使用可能です が、いくつかはPHP 4.1.0でのみ使用可能です。以前のバージョンでコン パイルしたい場合には、いくつかのオプションは利用できない可能性があ ります。

グラフィックスオプション

--with-imagick

imagick拡張はPEARのPECLに移動しました。 こちらにあります。 PHP4向けのインストール手順はPEARのサイトにあります。

Simply doing --with-imagick is only supported in PHP 3 unless you follow the instructions found on the PEAR site.

Misc options

--enable-debug

デバッグ用シンボルと付けてコンパイルします。

--with-layout=TYPE

インストールされるファイルの配置を設定します。TYPEはPHP (デフォル ト) または GNUのどちらかです。

--with-pear=DIR

PEARをDIR (PREFIX/lib/phpがデフォルト)にインストールします。

--without-pear

PEARをインストールしません。

--enable-sigchild

PHP固有のSIGCHLDハンドラを有効にします。

--disable-rpath

実行時にライブラリ検索パスを追加できないようにします。

--enable-libgcc

libgccに対して明示的にリンクするようにします。

--enable-php-streams

実験的なサポートのPHPストリームを有効にします。 コードをテストする目的以外には、使用しないでください。

--with-zlib-dir=<DIR>

zlibインストールディレクトリの位置を定義します。

--enable-trans-sid

透過的なセッションIDの付加を有効にします。PHP4.1.2以下でのみ 有効です。PHP4.2.0以降ではtrans-sid機能は常にコンパイルされます。

--with-tsrm-pthreads

POSIXスレッドを使用します。 (デフォルト)

--enable-shared[=PKGS]

共有ライブラリを構築します。[default=yes].

--enable-static[=PKGS]

スタティックライブラリを構築します。[default=yes].

--enable-fast-install[=PKGS]

インストール高速化のための最適化を行います。[default=yes].

--with-gnu-ld

CコンパイラがGNU ldを使用すると仮定します。[default=no].

--disable-libtool-lock

ロックを回避します。(平行ビルドができなくなる可能性があります。)

--with-pic

PIC/non-PICオブジェクトのみを使用します。[default=use both].

--enable-memory-limit

メモリ制限のサポートを有効にしてコンパイルします。

--disable-url-fopen-wrapper

httpまたはftp経由でファイルにアクセスすることを可能にする URL対応のfopenラッパーを無効にします。

--enable-versioning

必要なシンボルのみをエクスポートします。 詳細は、INSTALLを参照して下さい。

--with-imsp[=DIR]

IMSpのサポートを有効にします。(DIRはIMSPのインクルードディレクト リおよびlibimsp.aがあるディレクトリです。) PHP 3 のみ!

--with-mck[=DIR]

Cybercash MCKのサポートを有効にします。DIRは、cybercash mckの構築ディレクトリで、extra/cyberlibを参照できるようにするため、 /usr/src/mck-3.2.0.3-linuxがデフォルトです。PHP 3 のみ!

--with-mod-dav=DIR

Apacheのmod_davによるDAVサポートを有効にします。 DIRは、mod_davのインストールディレクトリ(Apache モジュールバージョンのみ!)です。PHP 3 のみ!

--enable-debugger

リモートデバッグ用関数を有効にしてコンパイルします。PHP 3のみ!

--enable-versioning

Solaris 2.xおよびLinuxで提供されているバージョンおよびスコープの サポートを利用します。PHP 3のみ!

PHPオプション

--enable-maintainer-mode

通常のインストーラには便利でない(そして混乱することもある)make rulesおよびdependenciesを有効にします。

--with-config-file-path=PATH

php.iniを探すパスを設定します。デフォルトはPREFIX/libです。

--enable-safe-mode

デフォルトでセーフモードを有効にします。

--with-exec-dir[=DIR]

セーフモードではDIRにある実行ファイルのみを実行可能です。 デフォルトは、/usr/local/php/bin です。

--enable-magic-quotes

デフォルトでmagic quotesを有効にします。

--disable-short-tags

デフォルトで省略形のタグ <? を無効にします。

SAPIプション

以下はPHPで使用できる SAPI&s (Server Application Programming Interface) のリストです。

--with-aolserver=DIR

インストールされたAOLserverのパスを指定します。

--with-apxs[=FILE]

Apache共有モジュールを構築します。FILEはオプションで、Apacheの apxsのパスです。デフォルトはapxsです。 実際にシステムにインストールされているapxsを指定してください。 apacheのtarballを解凍したソースディレクトリ内にあるものを指定しては いけません。

--with-apache[=DIR]

Apacheモジュールを構築します。DIRはApache構築ディレクトリのトップ レベルで、デフォルトは/usr/local/apacheです。

--with-mod_charset

mod_charset用変換テーブルを有効にします。 (ロシア版Apache)

--with-apxs2[=FILE]

Apache 2.0共有モジュールを構築します。FILEはオプションで、Apache apxsツールへのパス名です。 デフォルトはapxsです。

--with-caudium=DIR

Caudiumを使用するためにPHPをPikeモジュールとして構築します。DIRはCadiumサーバー のディレクトリです。デフォルトは/usr/local/caudium/server

--disable-cli

PHP4.3.0以降で使用できます。PHPのCLIバージョンの構築を無効にします。(強制的に --without-pearとなります) 詳細な情報は PHPをコマンドラインから使用するをご覧ください。

--enable-embed[=TYPE]

内蔵のSAPIライブラリを構築します。TYPEはsharedまたは staticを指定します。デフォルトは sharedです。PHP4.3.0以降で使用できます。

--with-fhttpd[=DIR]

fhttpdモジュールを構築します。DIRはfhttpdソースディレクトリで、 /usr/local/src/fhttpdがデフォルトです。 PHP4.3.0以降ではもはや使用できません。

--with-isapi=DIR

(Zeusを使用するために)ISAPIモジュールとしてPHPを構築します。

--with-nsapi=DIR

インストールされているNetscape Serverへのパスを指定します。

--with-phttpd=DIR

まだ情報無し。

--with-pi3web=DIR

Pi3Webを使用するためにモジュールとしてPHPを構築します。

--with-roxen=DIR

PikeモジュールとしてPHPを構築します。DIRはRoxenのベースディレクト リです。通常は、/usr/local/roxen/serverです。

--enable-roxen-zts

Zend Thread Safetyを用いてRoxenモジュールを構築します。

--with-servlet[=DIR]

サーブレットのサポートを有効にします。DIRは、JSDKのベースインストー ルディレクトリです。このSAPIでは、java拡張モジュールが共有ライブラリ として構築されることが必要となります。

--with-thttpd=SRCDIR

thttpdモジュールとしてPHPを構築します。

--with-tux=MODULEDIR

TUXモジュールとしてPHPを構築します。(Linuxのみ)

--with-webjames=SRCDIR

モジュールとしてPHPを構築します(RISC OS のみ)

--disable-cgi

PHPのCGIバージョンの構築を無効にします。PHP4.3.0以降で使用できます。

--enable-force-cgi-redirect

サーバーの内部ディレクトリに対するセキュリティチェックを有効にします。 Apache上でCGIバージョンを実行する際に利用するべきです。

--enable-discard-path

有効にすると、PHPのCGIバイナリはWebツリーの外側に安全に設置することが できます。.htaccessによるセキュリティ設定を迂回させないようにできます。

--with-fastcgi

FastCGIアプリケーションとしてPHPを構築します。PHP4.3.0以降ではもはや使用 できません。代わりに--enable-fastcgiを使用すべきです。

--enable-fastcgi

これを有効にすると、FastCGIもサポートするようにCGIモジュールを構築されます。 PHP4.3.0以降で利用できます。

--disable-path-info-check

これを有効にすると、/info.php/test?a=bのような パスでは実行に失敗するようになります。PHP4.3.0以降で利用できます。