第 11章制御構造

目次
if
else
elseif
制御構造に関する別の構文
while
do..while
for
foreach
break
continue
switch
declare
return
require()
include()
require_once()
include_once()

全てのPHPスクリプトは、一連の文からなります。 文としては、代入、関数コール、ループ、条件文、そして、何もしない文(空の文) さえ使用することができます。 文は、通常セミコロンで終了します。加えて、文は、中括弧によるグループ文で カプセル化することによりグループ化することが可能です。 グループ文は、同時に文にもなります。 本章では、様々な文の型が記述されています。

if

if 構文は、PHP を含む全ての言語において最も重要な 機能の一つです。 この構文は、命令の条件実行を可能にします。 PHPでは、次のようなC言語に似たif構文が使用されます。

if (式)
    文

式のセクションで 記述したようには論理値で評価されます。 TRUEと評価された場合、 PHPはを実行します。FALSE と評価された場合は、これを無視します。どのような値が FALSEと評価されるについては論理値への変換 を参照してください。

以下の例は、$a$b より大きい場合、aはbより大きい を表示します。

if ($a > $b)
    echo "aはbより大きい";

条件分岐させたい文が一つ以上ある場合もしばしばあります。 もちろん、各々の文をif 文で括る必要はありません。 代わりに、複数の文をグループ化することができます。 例えば、このコードは、$a$bよりも大きい場合に aはbよりも大きいを表示し、 $aの値を$bに 代入します。

if ($a > $b) {
    echo "aはbより大きい";
    $b = $a;
}

if文は、他のif文の中で無限に入れ子にできます。 これは、プログラムの様々な部分の条件付実行について 完全な柔軟性を提供します。