浮動小数点数

("float","double","実数"のような) フロート数は、次の構文により指定 できます。

<?php
$a
= 1.234;
$b = 1.2e3;
$c = 7E-10;
?>

規約:

LNUM          [0-9]+
DNUM          ([0-9]*[\.]{LNUM}) | ({LNUM}[\.][0-9]*)
EXPONENT_DNUM ( ({LNUM} | {DNUM}) [eE][+-]? {LNUM})

floatの大きさはプラットフォーム依存です。ただし、通常はおよそ10 進数で14桁の精度があり、最大値は ~1.8e308 (これは 64ビット IEEE フォーマットです)となります。

浮動小数点数の精度

0.10.7のような 簡単な小数表現も若干精度を失うことなく内部的な2進表現に変 換することはできません。これにより、混乱する結果を生じることがあ ります。つまり、floor((0.1+0.7)*10) は 予想される 8の代わりに実際の内部表現の結果とし て7.9999999999...のようなものを結果として返し ます。

これは、いくつかの分数は有限の桁数の小数点表記で正確に表現できな いという事実に関係しています。例えば、1/3の小 数点表記は、0.3333333. . .となります。

よって、小数の最後の桁を信用してはいかませんし、小数が等しいとい う比較を行ってはいけません。より高い精度が必要な場合には、 任意精度数学関数または gmp関数を代わりに使用して下さい。

floatへの変換

文字列型がどのようにして浮動小数点数に変換されるかに関する 詳細な情報は文字列の 数値型への変換のセクションをご覧ください。 そのほかの型の浮動小数点数への変換については、整数型への変換と同様です。 詳細は整数型への変換 のセクションをご覧ください。