LXXXVI. プログラム実行関数

導入

以下の関数は、システム自体の上でコマンドを実行したり、こうしたコマ ンドの安全に実行する手段を提供します。

要件

これらの関数は、標準モジュールの一部と して利用可能であり、常に使用できます。

インストール手順

これらの関数はPHPコアに含まれるため、使用す る際にインストールは不要です。

実行用の設定

この拡張モジュールは設定ディレクティブを全く 定義しません。

リソース型

この拡張モジュールはリソース型を全く定義し ません。

定義済みの定数

この拡張モジュールは定数を全く定義しませ ん。

以下も参照下さい:

以下の関数は、 backtick演算子 にも関係します。 また、セーフモードにお いては、 safe_mode_exec_dir ディレクティブの使用を考慮する必要があ ります。

目次
escapeshellarg -- シェル引数として使用される文字列をエスケープする
escapeshellcmd -- シェルのメタ文字をエスケープする
exec -- 外部プログラムを実行します
passthru -- 外部プログラムを実行し、未整形の出力を表示します
proc_close --  proc_open() で開かれたプロセスを閉じ、そのプロセスのリターンコードを得る
proc_get_status --  proc_open() で開かれたプロセスに関する情報を取得する
proc_nice --  Change the priority of the current process
proc_open --  コマンドを実行し、入出力用にファイルポインタを開く
proc_terminate --  kills a process opened by proc_open
shell_exec --  シェルによりコマンドを実行し、文字列として出力全体を返す
system -- 外部プログラムの実行と表示