XLIV. InterBase関数

導入

InterBaseはBorland/Inpriseが開発した有名なデータベースです。 InterBaseに関する詳細な情報は、 http://www.interbase.com/から得ることができます。 ところで、InterBaseはオープンソース運動に加わりました!

注意: InterBase 6の完全なサポートがPHP 4.0で追加されました。

このデータベースは、シングルクオート(')文字をエスケープに使用しま す。この動作はSybaseデータベースに似ており、以下のディレクティブ を php.ini に追加して下さい。

magic_quotes_sybase = On

要件

インストール手順

PHPでInterBaseサポートを有効にするには、 --with-interbase[=DIR]を指定して設 定を行います。ただし、DIRはInterBaseのベースインストールディレクトリ で、デフォルトは/usr/interbaseです。

Win32ユーザへの注意: このモジュールをWindows環境で有効にするには、 gds32.dllをPHP/Win32バイナリパッケージのDLLフォ ルダから使用するWindowsマシンのSYSTEM32フォルダ(例: C:\WINNT\SYSTEM32 またはC:\WINDOWS\SYSTEM32)にコピーする必要があります。 InterBaseデータベースサーバをPHPを実行しているのと同じマシンにイン ストールしている場合、このDLLはすでにあるはずです。この場合、 DLLフォルダからgds32.dllをコピーする必要はあり ません。

実行用の設定

これらの関数の動作は、php.iniの設定により変化します。

表 1. InterBase設定オプション

名前デフォルト変更の可否
ibase.allow_persistent"1"PHP_INI_SYSTEM
ibase.max_persistent"-1"PHP_INI_SYSTEM
ibase.max_links"-1"PHP_INI_SYSTEM
ibase.default_userNULLPHP_INI_ALL
ibase.default_passwordNULLPHP_INI_ALL
ibase.timestampformat"%m/%d/%Y%H:%M:%S"PHP_INI_ALL
ibase.dateformat"%m/%d/%Y"PHP_INI_ALL
ibase.timeformat"%H:%M:%S"PHP_INI_ALL
PHP_INI_* 定数の定義と詳細については、ini_set()を 参照して下さい。

リソース型

定義済みの定数

これらの定数は、この拡張モジュールで定義されており、 この拡張モジュールがPHP内部にコンパイルされているか実行時に動的にロー ドされるかのどちらかの場合のみ使用可能です。

IBASE_DEFAULT (integer)

IBASE_TEXT (integer)

IBASE_UNIXTIME (integer)

IBASE_WRITE (integer)

Access mode

IBASE_READ (integer)

Access mode

IBASE_COMMITTED (integer)

Isolation level

IBASE_CONSISTENCY (integer)

Isolation level

IBASE_CONCURRENCY (integer)

Isolation level (default)

IBASE_REC_VERSION (integer)

IBASE_REC_NO_VERSION (integer)

IBASE_NOWAIT (integer)

Lock resolution

IBASE_WAIT (integer)

Lock resolution (default)

IBASE_TIMESTAMP (integer)

IBASE_DATE (integer)

IBASE_TIME (integer)

目次
ibase_add_user --  Add a user to a security database (only for IB6 or later)
ibase_affected_rows --  Return the number of rows that were affected by the previous query
ibase_blob_add --  生成されたblobにデータを追加する
ibase_blob_cancel --  blobの生成を取り消す
ibase_blob_close --  blobを閉じる
ibase_blob_create --  データを追加するためにblobを生成する
ibase_blob_echo --  ブラウザにblobの内容を出力する
ibase_blob_get --  オープンしたblobからデータのバイト数を取得する
ibase_blob_import --  blobを生成し、ファイルをコピーし、閉じる
ibase_blob_info --  blobの長さと他の便利な情報を返す
ibase_blob_open --  データの一部を取得するためにblobをオープンする
ibase_close --  InterBaseデータベースへの接続を閉じる
ibase_commit_ret -- Commit a transaction without closing it
ibase_commit -- トランザクションをコミットする
ibase_connect --  InterBaseデータベースへの接続をオープンする
ibase_delete_user --  Delete a user from a security database (only for IB6 or later)
ibase_drop_db --  Drops a database
ibase_errcode --  Return an error code
ibase_errmsg --  エラーメッセージを返す
ibase_execute -- 準備されたクエリを実行する
ibase_fetch_assoc --  Fetch a result row from a query as an associative array
ibase_fetch_object -- InterBaseデータベースからオブジェクトを得る
ibase_fetch_row -- InterBaseデータベースから1行分の結果を取得する
ibase_field_info --  フィールドに関する情報を得る
ibase_free_event_handler --  Cancels a registered event handler
ibase_free_query --  準備されたクエリにより確保されたメモリを解放する
ibase_free_result -- 結果セットを解放する
ibase_gen_id --  Increments the named generator and returns its new value
ibase_modify_user --  Modify a user to a security database (only for IB6 or later)
ibase_name_result --  Assigns a name to a result set
ibase_num_fields --  結果セットにおけるフィールド数を得る
ibase_num_params --  Return the number of parameters in a prepared query
ibase_param_info --  Return information about a parameter in a prepared query
ibase_pconnect --  InterBaseデータベースへの持続的接続をオープンする
ibase_prepare --  後でパラメータのバインド及び実行するためにクエリを準備する
ibase_query -- InterBaseデータベースでクエリを実行する
ibase_rollback_ret -- Roll back a transaction without closing it
ibase_rollback -- トランザクションをロールバックする
ibase_set_event_handler --  Register a callback function to be called when events are posted
ibase_timefmt --  クエリーから返されるtimestamp、data、time型カラムのフォーマットを設定する
ibase_trans -- トランザクションを開始する
ibase_wait_event --  Wait for an event to be posted by the database