5.3 確率変数の合成

  4. 前節の繰り返し

前節の繰り返しになりますが,

可測の時−可測はとします



となります.
但し,


とします.

別のフィールドに対しては,
可測の時も,

分割

となります.
この時も,
となります.

これは前節の最後のいい換えに過ぎません.

定理としては,






といった公式が成立します.